1. >
  2. >
  3. 葬儀で心づけが必要な相手とは?
男性

葬儀で心づけが必要な相手とは?

葬儀の際に用意しておくべきお心づけ

葬儀の際、お心づけを用意しておくことも一つのマナーといわれています。
しかし実際に葬儀を執り行ったことがないという人も多いので、いくらくらい包めばいいのか、またどう渡せばいいのか?わからないという方も多いです。

お心づけは葬儀の関係者の方に、支払うべき正規料金とはまた別に、お礼として渡すものとなります。
遺体を運んでくれた寝台車の運転手さんや霊柩車の運転手さん、それに火葬場のスタッフなど、遺族でも親類とは別に、第三者として葬儀にかかわってくれた人に渡すお金です。

古くからご遺体を丁寧に扱ってくれてありがとうという気持ちで行うものですが、地域によってはこうした古くからの慣習がなくなっているところもあります。
また業者によっては正規料金を頂いているのでいただけませんと柔らかくお断りすることもあるのです。
きっぱりとお心づけを頂くことを前提に見積書へ心づけ費用〇万円と記載してくる葬儀社もいて、人によっては気を使って配る必要もなく安心という声もあります。

ポイントは葬儀社、世話人に渡しておき代わって渡してもらうこと

いつ誰にお心づけを渡せばいいのか、これも不安要素だと思います。
喪主が直接渡すよりも、葬儀社の方に渡しておき、その他手伝いをしていただいた方に向けての心づけは、遺族の一人が世話人となって渡すようにすることがポイントです。
葬儀の担当の方が親切丁寧に葬儀を段取りしてくれたことに感謝し、心づけを渡したいと思うこともあります。

しかし近頃は料金内に心づけも入れてある等、料金が明確になっているため、受け取らない葬儀社が多いことも事実です。
無理に渡すことで相手の方がお返しを持ってくるなどもあるので、その場合、負担をかける事もあります。
感謝の気持ちを表すにしても、相手に負担となるような場合、裂けるほうがいいでしょう。

心づけの表書き、袋の用意はしっかりと

お金は半紙に包む、また白い無地の封筒などに入れて渡します。
表書きは志、寸志、心づけと書いておき、袋などは多めに用意しておくと安心です。
通夜式から葬儀、さらに現代は、初七日まで行ってしまうことが多いので、お世話になる方も多くなります。

外部の方にお世話になることも昨今の葬儀は多くなっていますので、多めに用意しておくと焦ることもないのです。
心づけはあくまでも相手に感謝の気持ちをもってお渡しするものとなります。
ただ同じように手伝ってくれた方、お世話になった方に渡した人、渡していない人が出てこないように気を配ることも必要です。