1. >
  2. >
  3. 棺の中に入れて良い物とダメな物
タバコ

棺の中に入れて良い物とダメな物

棺の中に入れていいもの、悪いものがある

故人との最後のお別れとしてお花を棺に納めるとき、故人が生前愛用してきたものや、好きだったものを入れ、棺の蓋を閉め、荼毘に付されることになります。
ご家族は故人との今生の別れとなるこの時、故人がさみしくないようにと色々なものを棺に納めたいと考えるものです。

でも実際に納める時、これは入れてにいいのかどうか?と迷うこともあります。
確かに棺に入れてはならないものを入れて、出してもらったということもあるので、入れていいもの、悪いものを理解しておくほうが安心です。

棺に入れてはいけないもの

棺の中にいれるものを副葬品といいますが、入れてはいけないものとして基本的に、ガラス、金属などの燃えないもの、また燃えにくいものは入れないようにといわれます。
例えば故人の鉱物がスイカなので入れてあげたいといっても、たぶん燃えにくく大量の灰が出るとして入れないように、入れても少量といわれるはずです。

実際に燃やすことになるので、燃焼することで有害物質が出るものも入れることはできません。
ビニール製品や発泡スチロール系なども、棺に入れることはできないのです。
また故人が病気をされて心臓のペースメーカーなどが入っている場合、火葬している最中に破裂する危険性もあるので、前もって火葬場の方に伝えます。

入れてはいけないもの・・具体例

故人が生前身に着けていたもの、愛用していたものの一つに眼鏡があります。
ご家族としてはあちらにいって目が見えないのは大変だからと棺に入れようとする方が老いのです。
しかし眼鏡はガラス、プラスチックなどが利用されているため、入れることはできません。

腕時計、指輪、アクセサリーなども燃え残るため、棺に入れて火葬することは無理です。
ただし、納骨の際、一緒に骨壺に納めることもできます。
メガネ、入れ歯、ビン等は棺に入れず、故人の骨壺、埋葬の時に一緒に入れるなどするといいでしょう。

分厚い本なども火葬場によってはハイが多くなることで断られることがあります。
また生きている人の写真を入れる方もいますが、あの世に連れていかれるとしてあまりいい事とされていません。
お札についても硬貨に関しても現金を燃やすことが法律で違法となるため、棺に入れることはできないのです。

棺に入れていいもの、素敵だなと思うもの

生前に伝えたくても伝えられなかった思いを手紙にして棺に納めるという方もいます。
また寄せ書きなどを書いて棺に納めることもあるようです。
これは気持ちを伝えるという意味でとても素敵なことだと思います。

水分が多いものは避けるべきですが、お菓子、タバコなどは少量なら問題ないようです。
果物も入れた時には小さく切って入れてあげます。
故人が亡くなる前に大切にしていたぬいぐるみ、人形などは、悲しみが残ることもあり棺に入れるほうがいいという意見も多いです。
プラスチック製などは入れても燃えない、有害な物質が出るので、火葬場のスタッフの方に聞いておくほうがいいと思います。

洋服や着物、好きだったスポーツのユニフォームなどを棺に納めるご家族もいますが、取っておけばよかったなと後から思う方もいるので、棺に入れるものは慎重に選ぶべきです。
故人が遺言で入れてほしいといったものは、極力入れてあげるようにするといいでしょう。