1. >
  2. >
  3. 葬式の時の服装のマナー
喪服

葬式の時の服装のマナー

葬儀の服装マナーも不安な方が多い

通夜式、葬儀に行くことはあっても、喪主という立場になったり遺族という立場で参列される方々をお迎えすることは経験することも少ないです。
そのため、遺族としての葬儀服装マナーに不安をお持ちの方もいます。

通常遺族、親族は喪家側となるため、弔辞においては正式礼装がマナーです。
しかし近年、喪家の男性でも、略礼装となるブラックスーツで通夜、葬儀など執り行うことが多くなっています。
女性の場合は、通夜は洋装、葬儀、告別式は和装が一般的ですが、近頃は葬儀も告別式も洋装とする方が多いです。
洋装、和装は格式に差があるように感じますが、実は上下がないのでこれも覚えておくといいでしょう。

喪家の男性、葬儀服装マナー

シャツは白無地、ネクタイは黒無地、襟元は飾りなどがないシンプルなワイシャツを着用します。
スーツはシングル、ダブルのブラックスーツ、アクセサリーなどは極力付けず、時計はつけません。
カフスボタンを付けたい時には黒石、ネクタイピンはつけないようにします。
パンツの裾はシングルがマナーとされ、靴下も黒無地、靴はシンプルで光沢のないものを準備すべきです。

シャツのボタンをはずしている遺族もいますが、故人との最後のお別れの場となりますし、参列してくださる方に失礼となります。
ボタンはしっかり上までしめ、スーツのボタンもしっかり留めておきます。

喪家の女性、葬儀洋装の服装マナー

洋装の場合も和装の場合も髪の毛はしっかりまとめて髪飾りなどはつけないほうが無難です。
つけるようなら黒のリボン、光沢のないバレッタ等にします。
正式礼装では結婚指輪以外のアクセサリーを控え、マニキュアはNG、お化粧はシンプルに派手すぎないようにまとめる事が必要です。

上着は長袖、スカートもひざ下くらいの長めが理想です。
ストッキングは黒、タイツはできれば避けるほうがいいですし、柄物、光物もないものがマナーとなります。
靴は黒の布製が正式、ない場合には黒の光沢がないもの、金属、飾りのないものを選択すべきです。
靴はオーソドックスなスタイルのパンプス、ヒールは高すぎないもので、一般的に3㎝から5㎝程度のものが好ましいとされています。

喪家の女性、和装の服装マナー

和装の場合もアクセサリーは結婚指輪以外つけず、時計も外します。
バッグ、草履は布製が正式なマナーです。
季節に合った素材の着物が必要となり、冬は羽二重、若しくは一越縮緬、夏は駒絽、平絽がいいでしょう。

半襟、たび、襦袢は白を着用、帯、帯留め、帯揚げ、草履、バッグは黒です。
帯は袋帯、地紋のあるものでもよしとされています。
レンタルする場合には、家紋をよく確認してレンタルする事が必要です。