1. >
  2. >
  3. キリスト教式のマナー
花

キリスト教式のマナー

キリスト教は宗派によって葬儀に違いがある

キリスト教はカトリック、プロテスタントがありますので、それによって葬儀の方法が違います。
カトリックの葬儀は、亡くなって人の生前の罪を詫び許しを請う、そして永遠の命を得られるように祈るというものです。

聖書の朗読を行い神父様の説教を聞く言葉の典礼、感謝の典礼というパン、葡萄酒を祭壇に奉納するミサが主軸となる葬儀になります。
プロテスタントの葬儀は、故人の罪を詫び許しを請うということでなく、神様に感謝し、残されたご遺族を慰める儀式です。
故人に対して祈るということではなく、神様に捧げる祈りが主軸となる葬儀となります。

献花のマナーを覚えておこう

キリスト教の葬儀では、祭壇に御花をささげる献花の儀式があります。
この献花は仏式同様、喪主、遺族、親族そして参列者の順で行うものです。

自分が献花する番になったら、祭壇に進んで担当の方からお花を受けとり、お花が右手に来るように両手で受け取ります。
遺影に向かい一度礼を行い、お花をくるっと回して祭壇の方に花の根元が来るようにして、左手の甲を下に向け、右手で茎の下を支え献花台に置き、終了したら、ご遺族、神父様や牧師様に礼をして席に戻り着席です。

覚えておきたいマナー、お悔やみのこと

仏式は成仏するという言い方をしますが、キリスト教の場合、死は永遠の命が始まることを意味し、死を不幸なことと受け止めない考え方です。
死は命の始まりとなるので、不幸ではなく喜びとなる、そのため仏式のようにご遺族に向かってお悔やみを述べる事がありません。

つい日本人はキリスト教のマナーを知らず、お悔やみを述べてしまいますが、キリスト教徒の方にはお悔やみの考えがないため、お悔やみを言わないように注意が必要です。
ご遺族に対しては、お亡くなりになった連絡を頂きありがとうございますとか、安らかにお眠りいただけるようお祈りいたします等言葉を伝えます。

キリスト教はカトリック、プロテスタントで考え方も違いがあるのです。
遺族もキリスト教の葬儀であることを認識する必要がありますし、参列する場合も、仏式、神式とマナーが違うことを理解し参列する事が必要となります。