1. >
  2. >
  3. 仏式葬儀のマナー
数珠

仏式葬儀のマナー

仏式葬儀のマナーは大人として知っておくべき

日本で行われる葬儀の中で最も多いとされているのが、仏式の葬儀です。
仏式の葬儀はいつも参列しているから大丈夫と思っている遺族の方もいますが、お焼香の仕方、お数珠の使い方など、間違っている方も多くみられれます。

参列する時にはそれほど注目もされませんが、遺族となれば注目されていますし、恥ずかしいことを行えば、故人に傷がつく行動です。
そうならないように、大人として仏式葬儀のマナーなども覚えておくべきでしょう。

お数珠の使い方を理解しよう

喪家としてお数珠は持っておくことが必要となります。
お数珠は菩提寺の宗派となるものを利用しますが、今まで持ったことがないという人は、親戚などに聞いて用意しておくべきです。
お数珠は法具となるので、大切に扱うこと、どこかに置いたまま等にならないように丁寧に扱います。

使用しない時には左手の親指、人差し指の間にかけて持ち、お焼香の際には、体の前にお数珠をかけ、左手で差出、右手でお焼香です。
合掌するときには、お数珠を両手の親指、人差し指にかけ合掌します。

お焼香の方法、しっかりわかっていますか?

通夜式でも、葬儀でもお焼香を行います。
遺族は喪主を先頭に、参列者よりも先にお焼香しますので、作法をよく理解し行ってほしいです。
葬儀に参列する時にもお焼香の作法を知らずにいると恥を吐くこともあるので、しっかり覚えておきます。

立って行う立礼とすわっておこなう座礼というお焼香があり、盆に乗った香炉を抹香と呼ばれるお香を粉上にしたものを遺族、参列者で回してお焼香する回し焼香があるので、この違いも覚えておくべきです。
立礼は、祭壇の前で軽く会釈し遺影に一礼してから右手の3本の指を利用しお香をつまみ、この時お数珠は左手に持ちます。

つまんだお香を目の高さまでもっていき(おしいただくといいます)、左手はそのままにお香を静かに香炉にくべる、これが一連の動作です。
宗派によって2回から4回繰り返します。
お焼香が済んだら遺影に向かって合掌、故人の冥福を心から祈り終了です。

座礼のお焼香の作法

次の人に会釈を行ってから祭壇に中腰で進み、座って僧侶に両手をつき一礼、僧侶に向かい一礼し、両手で体を支えるようにして、ひざをつきつつ行動します。
これを膝行といい、執行によって移動し、お焼香の前の座布団に座ってお焼香です。
お焼香の仕方は立礼と同じになります。
>>お焼香の仕方[立礼焼香・座礼焼香・回し焼香]

お焼香が終わったら合掌、故人の冥福を祈り、遺影の方を向いたまま、ひざまづいたまま退き、座ったままの姿勢で僧侶に一礼、立上り中腰で席に戻るというお焼香です。
足の悪いお年寄りも葬儀に参列する事が多いため、こうした座礼は少なくなっています。

回し焼香の作法とは

お寺さんや自宅でお葬式を行う時や法要の際に行うことが多いのが回し焼香です。
香炉が載った盆が回ってきますので、前の人に会釈し、自分の膝の前に置き遺影に向かって一礼します。
お焼香は立礼と同じで、お焼香が済んだら遺影に向かい合掌、冥福を祈り盆を両手でしっかり持ち、次の人に回すというお焼香です。

椅子席の場合でも、この回し焼香がありますが、その場合はひざの上に香炉を置きお焼香します。
人数が多い法要の時などにも回し焼香を行うことが多いので、覚えておくと安心です。