1. >
  2. 葬儀マナー
男性

葬儀マナー

葬儀マナー

小さい時、親戚のお葬式に参列した記憶がある方もいらっしゃると思います。
幼い頃や学生の時分に葬儀に参列する事があっても、親御さんが色々と面倒を見てくれますし、まだ大人になっていないということもあり、葬儀マナーがなっていなくても特に咎めることもありませんし、マナー違反だと白い目で見られることもないのです。

しかし社会人となってからは違います。
葬儀に行って失礼なふるまいをしていれば、マナーのない人といわれますし、服装などもしっかり大人らしくしていくべきです。
葬儀に関する色々なマナーを理解していないのは、自分にとってもまた遺族にとっても恥と考えておくべきです。

特に自分の家族の葬儀等、葬儀を執り行う側であればなおさら、参列していただける方に失礼がないようにしなければなりません。
服装のこと、また宗教の違いによって違うマナーなども理解が必要です。

葬式の時の服装のマナー

お葬式に参列する時にも、服装のマナーは気になりますが、遺族として葬儀を執り行う側なのに、マナーがなっていないなと感じる大人、結構多いのです。
マナー違反でも通常葬儀でそれはおかしいといってくる人は、よほどのマナー違反にならなければありません。
しかし故人も恥をかくことになります。
お葬式の際に、遺族側の服装はどうあるべきか、説明するページです。

仏式葬儀のマナー

日本で執り行われる葬儀の多くは仏式が元になっているもので、宗派の違いで葬儀の方法が少し違うとしても、基本的に同じ流れとなります。
葬儀の際、マナー違反とならないように、仏式葬儀のマナーについても大人としてしっかり覚えておくべきです。
仏式葬儀の基本的なマナーを紹介するページとなっています。

神式葬儀のマナー

費用がかかりにくいということもあり、無宗教の方が最近、神式葬儀を行うことが多いといいます。
神式葬儀はお焼香ではなく玉串奉奠となる等、色々な違いがあり、マナーについても理解していない人が多いです。
ここでは神式葬儀の一般的なマナーを紹介しています。

キリスト教式のマナー

キリスト教式では葬儀と呼ばず、お別れの会などということもあり、仏式、また神式とも違うお葬式となります。
故人がキリスト教徒の場合、教会で葬儀を行うことも多くなるので、キリスト教式のお葬式に関してもマナーなどを覚えておくと安心です。