1. >
  2. >
  3. お葬式の種類ってどんなものがあるの?
線香

お葬式の種類ってどんなものがあるの?

葬儀の種類を知っておくほうがいい

葬儀というと通常一般葬を思い浮かべますが、今は一般葬のほかにも家族葬、合同葬、音楽葬などの色々な葬儀の形があります。
その方の立場なども関係してくるのが葬儀ですが、最近は公人の方々でも最後は家族だけで家族葬を行い、その後、お別れの会などを行うことが多くなっているようです。

近しい人がご病気などで葬儀が近いかもしれないという場合、葬儀の種類などを理解し故人に合った葬儀を行うことも今、考えておくべきでしょう。
一般葬、家族葬、自由葬など、葬儀の種類を知り、その中でどんな葬儀にするか決めていけばいいのです。

一般葬とはどんな特徴がある葬儀なのか

一般葬というのは昔から行われてきた葬儀で、昔は自宅で通夜、葬儀を行うという形でした。
最近は隣組などもなく、近所づきあいが希薄になっているところも多いため、葬儀社で一般葬を行うことが多いようです。

親族、故人の会社、ご友人、近所の方などに逝去を連絡し、通夜、葬儀の段取りを決めます。
菩提寺があるようなら菩提寺の僧侶に来てもらうことも考え、葬儀の日程に関して葬儀社とお寺さん等と相談します。
通夜、葬儀は故人とのかかわりがある方が来られ、お焼香など行うのです。

最近多くなっている家族葬とは

家族葬も一般葬と同じように通夜、葬儀を行うお葬式です。
ただ一般葬との違いもあり、通常一般葬は訃報を聞いた人がその関係性によってお焼香に来ます。
しかし家族葬の場合、来ていただく人を決めて連絡し、葬儀に参列してもらう形です。

ご家族など近しい方がお亡くなりなってから、本当に家族のみで通夜、葬儀を行うこともありますし、家族、親しくしてきた親族のみで行うこともあります。
また家族、親族と故人の親友、友人に何名か声をかけてきてもらうこともあるのです。
葬儀に行きたいという方も、お断りすることが多く、芸能界の方などもこの形の葬儀が多くなっており、家族葬の後にお別れの会を設けることもあります。

自由葬は故人を偲ぶ形が多い

自由葬というのは通常の葬儀のように行うのではなく、自分たちが故人を思い、どのような葬儀にするか考えます。
これまでの形にとらわれない葬儀で、例えば故人が生前音楽が好きだったということなら、音楽を流したり、生演奏を行うなどもあるようです。

社葬とはどういう葬儀なのか

例えば代表取締役、創業者の葬儀や会社の功労者がお亡くなりになった場合、企業が主催の葬儀を行うことがほとんどです。
これを社葬といいますが、最近はご遺族が家族葬を行い、お別れの会として社葬とする場合や、企業とご遺族が合同で合同葬という形で行うこともあります。
こうした企業が行う通常の社葬とは少し違う形の葬儀も社葬です。
近頃はこうした以前とは少し形の違う社葬も多くなっています。

故人が生前、遺言に自由葬にしてほしいと指定していることもあり、その場合、どのような葬儀にしてほしいか、具体的に書いてあることもあります。
音楽葬にしたり、友人が思い出をそれぞれ発表するなどの形もあり、自由です。

どのような形の葬儀にするか悩んでいる方も葬儀社の方が力になってくれるので、相談するとよいでしょう。
葬儀について詳しく説明してくれている公益社のサイト等を見ても、葬儀の種類についてよく理解できるはずです。

関連記事
葬儀の種類と特性・お別れのかたち
葬儀・葬式がよくわかる/葬儀の種類