1. >
  2. >
  3. 葬儀の日時と場所はどの様にして決まるのでしょうか
お寺

葬儀の日時と場所はどの様にして決まるのでしょうか

葬儀の日程決め、急ぎつつも慎重に決める必要がある

お葬式はお焼香に行くことはあっても自分の身内の葬儀を行うということはそれほど多いことではありません。
そのため、通夜、葬儀をいつ行えばいいのか、日程に迷うご家族も多いのです。

葬儀は故人との最後のお別れの場となりますので、故人のためにも、またお別れに来ていただく方にとっても大切な時間となります。
そのため、葬儀の日程に関しては菩提寺があるようなら僧侶に確認を取り、火葬場にも確認が必要となるのです。
葬儀社の方が菩提寺、また火葬場に連絡し確認を取ってくれると思いますが、確認しておくほうがいいでしょう。

通常の葬儀の日程は・・

お葬式の最初の儀式となる通夜式は火葬を行う前日となります。
ご遺体は逝去されてから24時間火葬できない法律がありますので、ご遺体を安置する場所を決定するためにも、葬儀社に早めに連絡を取り、日程を決める事が必要です。

葬儀を友引に行わない方がいいといわれていますので、確認が必要となりますが、これも葬儀社の方で確認してくれると思います。
僧侶の予定、火葬場の空き状況、こうした確認を行うことと、遠方に息子さん、娘さんなどがいる場合、その方たちが来れるときを待ってお葬式の日程を組むこともあるため、一概に何時から始めるようにという決まりはないのです。

ご家族に連絡をつけて、遠方からくる場合にはいつ来れるかを確認し、その上で日程を調整します。
夏場などはご遺体の傷みがかなり早いので、冷やしておく必要もあり、できればなるべく早く行う方がいいでしょう。

通夜式・葬儀の時間について

通夜式が始まる時間は地域性などもありますが、通常18時くらいに始まります。
ご遺族、親族は葬儀を執り行う側となるので、通夜式の1時間から2時間程度前に会場入りすべきです。

葬儀は通夜式の翌日に行いますが、火葬場に行く時間等も考えて10時から15時くらいの間に行うことが多いと思います。
火葬場の時間により、もっと時間が早くなることもありますのでこれもしっかり決まっていません。
葬儀社の方とよく相談し、不安なことやわからないことがあればどんどん質問し、納得のいく葬儀となるようにしていくべきです。