1. >
  2. >
  3. 遺族の中で、誰が喪主になれば良いのでしょうか
喪服

遺族の中で、誰が喪主になれば良いのでしょうか

喪主の決定 迷うこともある

喪主について、例えば故人がこの人に喪主を依頼すると遺言があれば、その方に依頼することになります。
これは、元も影響力の強い選択となるべきで、遺言がある場合にはそれに沿って喪主を依頼する事が多いです。

しかし遺言がない場合、また喪主となるべき候補が複数いる場合、誰が喪主となるのかなかなか決まらないこともあります。
葬儀について主軸となって動く人となる喪主は、重要な役割を持っているため、遺言に喪主についての文言がない場合には迷いますが、慣例に基づき決定する、血縁から選ぶ、という選択肢もあるのです。

喪主を慣習にならい選ぶ

一般的に喪主は、故人の配偶者となることが多くなっています。
昔はその家の後継者となる人、長男がいれば長男が勤めるものでしたが、現代はその家督を継ぐという意識を持っているご家族も少なくなり、一般的に配偶者が喪主となることが多いのです。

ただあまりにも急なことで故人の配偶者が精神的に喪主を務められる状態ではないという場合など、特別な事情があり別の人が行うこともあります。
絶対にこの人がやらなければならないということはないのです。

血縁者の中から喪主を選択することもある

故人の配偶者が病気をされていて療養中ということや、何か理由があり喪主となれない場合は血縁関係から出すことが多いです。
この場合、血縁の濃い人が優先となり、通常、長男、その次には次男以降の直系男子、長女、長女以降の直系女子、故人のご両親、故人の兄弟姉妹という順序になります。

血縁が濃い順といっても、ご家族の事情等によって次男が勤めることもあるようです。
例えば故人の事業を継ぐのが次男であるため、次男が喪主を務めるということもあります。
その家の事情によって喪主を血縁から出すことになりますが、通常は長男がいるようなら故人の長男、男性がいない場合には長女が行うことが多いようです。

血縁、配偶者がいない方について

故人に血縁の方がいない場合や、配偶者もおられないということになると、例えば知人や友人が喪主となることがありますし、故人が介護施設でお亡くなりになったなどの際には、施設長などの介護施設の代表の方が喪主を務める事があります。
ただしこの安倍は、喪主という言い方ではなく、友人代表、また世話人代表などのいい方となり、喪主といういい方にしないことも多いです。

高齢になってお亡くなりになると血縁者が皆さん死亡されていることもあります。
また生前身内と縁を断っている方もいて、その場合、葬儀自体を引き受けてくれないこともあり、施設などが葬儀を行い、施設の代表者が葬儀を仕切ることとなるのです。

喪主は1名でなくても構わない

喪主というと1名という印象がありますが、これも規則があるわけではなく、2名等複数で行うこともあります。
法律で定められている祭祀継承者は、家を祀る行事を受け継ぐ人という意味で、これは一人に定められていますが、喪主は複数であっても問題ありません。

喪主は葬儀と取り仕切る人となるので、決められない、受けてくれる人がいないという場合に、複数で受けてもらうことも考えていいと思います。
いずれにしても、故人を尊び冥福を祈る儀式となることが大切です。