1. >
  2. >
  3. 遺影写真が中々決められません。
カメラ

遺影写真が中々決められません。

遺影写真とは何か

遺影写真というのは、葬儀の際に飾られる故人の写真です。
大切な方が亡くなり遺影にする写真を選ぶことに悩むご家族も多く、どのような写真がふさわしいのか?わからないという方もいます。
確かに不幸の場の写真となるので、どのような写真がいいのか迷うのも当然です。

遺影写真はその後も、ご家族が大切に飾られる写真となるので、故人のイメージとして残るものとなります。
自分がいなくなってもご家族は遺影を見て、故人をしのぶことができるのです。
そのため、遺影写真の選出は重要なものとなります。

遺影写真はご家族が納得に行くものを

遺影写真を沢山の写真の中から探している時、「これじゃ背景が・・」と写真の背景を気にされる方がいますが、これは気にする必要がない事です。
現在はこうした遺影写真の編集技術もとても高いものとなっていて、遺影に利用する写真の背景は、それに合ったものに変更できます。

そのためお孫さんと一緒の写真で素敵な笑顔をしているからこの写真を使いたい、でもバックが自宅の居間で散らかっている・・という場合でも、バックを消して葬儀にふさわしいカラーの背景にすることができるのです。
ご家族が故人の写真でこれがいい・・・と納得できる素敵な顔の写真があれば、葬儀社に相談してみて下さい。
ほとんどの場合、バックを変えて編集し納得のいく遺影になっているはずです。

故人が終活の遺言で残していることもある

最近は終活される方が非常に多くなっていますが、その就活の中で利用してほしい遺影写真を指定されている、つまり遺言されている方も少なくないようです。
この写真を遺影に利用してほしいと遺言に残す人もいますし、遺影用の写真をこっそり撮影されている方もいます。

最後にご家族が迷わないように、家族のもとに残る自分の写真を納得のいくものにしたいと、遺影写真として写真館でキレイな写真を撮影されている方もいるのです。
葬儀の後にこうしたものが見つかることもあるので、いつも書いているノートなどがあったり、何かノートにつけているようだな・・と思うときには、お通夜、葬儀の前に確認してみる方がいいでしょう。