1. >
  2. 葬儀前
花

葬儀前

葬儀前

大切な方がお亡くなりになるとその後葬儀を行う必要があります。
お亡くなりになった人への悲しみに暮れている暇もなく葬儀の準備が始まりますが、突然お亡くなりになることもあり、まったく葬儀のことについて準備をしていない、知識を持っていないということもあるようです。

身内の葬儀を行うという経験も、生きているうちにそう何度もあることではありません。
しかし、故人とのお別れが納得のいくものとなるように、しっかりと葬儀を行うことも大切なことです。
ある程度の知識を持ち対応することが望まれます。

葬儀のことについて理解しておくというのも、あまり気持ちがいいものではないかもしれませんが、ある程度の年齢になったら知っておくべきことでもあるのです。
葬儀のことについて、皆さんが思っている不安にお答えするカテゴリとなっています。

お葬式の種類ってどんなものがあるの?

一口にお葬式といっても、色々な形があり、現代はその数も多くなっています。
一般的な葬儀のほかに、家族葬も多くなっていますし、音楽葬などの故人が生前好きだった音楽を流すお葬式もあるのです。
現代のお葬式の種類を知っておくことで、故人に対してどのようなお葬式が合うかを考えることもできます。

遺影写真が中々決められません。

お亡くなりになった方の遺影を決めるということも、逝去されてからお葬式の前に決めなければならないことです。
しかしどの写真を利用すればいいのか迷うご家族が多く、それも仕方のないことだと思います。
葬儀に利用する遺影に関して、どのように決めていけばいいか、お知らせするページです。

遺族の中で、誰が喪主になれば良いのでしょうか

喪主を誰が行うのか、それを決定できないこともあります。
通常喪主は故人に最も近しい人が行うべきですが、法律等で決まっていることでもなく、近しい人が何らかの理由で喪主になれない時は親族から出してもいいですし、親族がいない場合には友人でもいいのです。
喪主について詳しく触れているページとなっています。

葬儀の日時と場所はどの様にして決まるのでしょうか

最後のサヨナラとなってしまう葬儀、その日程を決めるときに、どのようなことを基準に決めればいいのかこれもまた悩むところです。
葬儀の会場や日時の設定に関しては、葬儀社の方や菩提寺があるようなら菩提寺と相談することになります。
日程決めに関しての詳しいことも理解が必要です。

出棺のあいさつは誰がするべきでしょうか。

故人といよいよ最後の別れ、出棺が終わり荼毘に付されれば故人と二度と会うことはできません。
とても重要な出棺の前のあいさつは誰がすべきなのか、お葬式ではこうしたことも決めておくほうが安心です。
出棺の前、参列していただいた方々への感謝の気持ちなどもしっかり込めて、あいさつできるように心がけます。