1. >
  2. >
  3. お墓を綺麗に保つお掃除方法について
ほうき

お墓を綺麗に保つお掃除方法について

お墓はきれいに管理したい

身内が亡くなれば葬儀があり、その後、お墓に入ることになります。
すでにお墓がある方はそこへ、ない方はお墓を建立することになりますが、いずれの場合もお墓をきれいに管理する事が必要なのです。
お墓は故人を偲ぶう場所、大切な場所となるのできれいに管理し、いつ行っても安心できる場所としておきたいと思います。
>>お墓を綺麗にしよう。お墓掃除についてのあれこれ

新しくお墓を建立される方も、掃除の仕方を知らないという人が多く、掃除の仕方で墓石にシミができてしまったと嘆く方も結構多いです。
墓石の掃除の仕方、きれいに保つ秘訣などを理解しておくと安心できます。

墓石の掃除、正しい方法を理解すべき

墓石の掃除の前に、周囲、区画の清掃を行います。
落ち葉などを広い雑草を取り、樹木などが長くなってたら剪定しきれいに整え、玉砂利などがある場合で汚れているようなら水洗いも必要です。
区画がきれいになったら墓石の清掃を行います。

スポンジに水を含ませ、コケなどがついているところを丁寧に洗い、汚れがひどい時には石材専用の洗剤が必要です。
塩素系、酸性系などの洗剤はシミや変色の原因となることもあるので、利用しないようにします。
墓石がきれいに会ったら花筒、お線香の受け皿等小物類を取り出して洗い、最後に乾いたタオルを利用し丁寧に水気をふき取って終了です。

屋外なので雨にも風にもさらされるため、後からコケなどがどうしてもつきますが、お墓参りに行ったときにまめに清掃しておくことで、汚れが落ちないということも起こりにくくなります。
お墓がきれいになると気持ちもすっきりするもの、たまに行うことだからこそ丁寧に行うべきです。

お墓の掃除にあると便利なもの

区画内の清掃の時にスコップ、剪定ばさみ、また玉砂利が汚れているときに洗うざるなどがあると便利です。
草がかなり茂るところは、鎌などももっていきます。
墓石の洗浄用の道具としては、歯ブラシ、スポンジ、墓石用の石材洗剤、雑巾、それに乾いたタオルを数枚持っていくといいでしょう。

全ての道具を用意することはありませんし、霊園などの場合、掃除用具を貸してくれることもあります。
ただお墓入りは皆さん同じ時期に行くことが多いので、道具がない時もあるのです。
歯ブラシ等細かい部分を洗うものや、軍手などももっていくと便利だと思います。

いつもきれいにしておくために業者を利用することもできる

きれいにしておきたいけれど、お墓に行く時間がないという場合、お墓の掃除をしてくれる業者もいるので、代行サービスを利用するという手もあります。
一般的に15000円くらいから20000円くらいの料金なので、利用してもいいと思いますが、お墓が大きい場合、追加料金が必要となるので確認が必要です。

また掃除の業者さんのほかに、お墓のクリーニング専門の業者さんもいます。
しみなどがついてしまったり、取れない汚れがある時に便利です。