1. >
  2. >
  3. 喪中の範囲はどこまで?喪中に含まれる続柄と控えるべき行事
お祝い

喪中の範囲はどこまで?喪中に含まれる続柄と控えるべき行事

喪中とはどこまでなのか、続柄によって変わります

親族がお亡くなりになった場合、喪中ということになりますが、どのくらいの期間、喪中となるのか、よくわからないという方も多いです。
喪中となれば控えるべきこと、行動などもありますので、これは大人、社会人として知っておくべきことだと思います。

故人との続柄で喪中の範囲、期間が変わり、「自分を基準として」考える必要があるのです。
0親等というと夫、妻となりますし、1親等は父母、配偶者の父母、子ども、2親等は自分の兄弟姉妹、姉妹の配偶者、祖父母、孫、配偶者の兄弟、姉妹、共済姉妹の配偶者、祖父母となります。
3親等は曽祖父母、叔父祖母、叔父祖母の配偶者、甥、姪、配偶者の曽祖父母、叔父父母、叔父父母の配偶者です。

通常2親等までが喪中といわれており、3親等は喪中としないところが多くなっています。
しかし故人との縁が深いということなら、続柄にこだわることなく藻に服してもいいでしょう。

喪中の期間はどうなる?

明治時代の喪中の期間を見ると、父母、夫で13か月、養父母、祖父母(父方)、夫の父母で150日、妻、子ども、兄弟姉妹、祖父母(母方)、叔父父母、曽祖父母が90日、養子が30日となっています。
しかしこれを見てもわかるように男尊女卑がかなり色濃くあると感じる喪中の期間です。
今の時代には全くあっていないということで、現在は違います。

現在の喪中の期間は、父母、養父母で12か月から13か月、子どもで3か月から12か月、祖父母で3か月から6か月、兄弟姉妹で1ヶ月から6か月、曽祖父母、叔父父母で喪中としないとされているのです。
ただあくまでも一般的なもので、同居だったり別居だったり、家族に対して思い入れの深さの違いなどもあると思います。
悲しみが大きければ喪中は長くなると考えていいでしょう。

喪中に避けるべきこととは

喪中に避けるべきこと、行動には色々なものがあります。
まずお正月は喪中お祝いしないのが一般的とされており、年賀状は喪中はがきで前もって年賀状の欠礼上として郵送し、新年のあいさつを欠くことを知らせる必要があります。

結婚式などのおめでたい場への出席も控えるべきと祝えていますが、喪明けとなる四十九日後であればいいという意見もあるのです。
これは周囲と相談する、また近隣の方々、地域の見識者の方に聞いてみるなどして判断していいと思います。

喪中でもよしとされること

お寺さんへの初詣は喪中でもしていいとされています。
寺、神社は死に関して考え方に違いがあるためで、神社の場合、死は穢れとなり、お寺さんはそういう考え方がありません。
そのため、お寺さんへの初詣はよしとされる事となるのです。

神社に行く場合も、神式による五十日祭が終わり、忌明けとなっていれば初詣もよしとされています。
神社、また地域によってこの考え方に違いがあったり、風習の違いもあるので、確認が必要です。

喪中の場合もお中元、お歳暮は贈ることができますし、相手のお宅が喪中でも問題ないとしています。
日頃の感謝の気持ちを伝えるものなので、喪中であってもいいとされていますが、四十九日を過ぎえてから贈るようにし、紅白の熨斗も利用しないのが通常です。