1. >
  2. >
  3. 香典返しの金額の相場ってどのぐらい?送る時期は?
お金

香典返しの金額の相場ってどのぐらい?送る時期は?

香典返しの金額、相場を知っておくと安心

香典返しというのは、葬儀を行ったとき参列していただき、お香典を頂いた方に返礼するものです。
通常頂いたお香典の半額程度の品物を送ることが一般的とされています。
これを半返しというのですが、地域によって違いもありますので確認しておくと安心です。

御香典が1万という場合には半返しですが、金額に応じ、1/3でも1/4でも失礼に当たらないと覚えておくといいでしょう。
御香典の金額に関係なく、一律同じものを用意することもあります。
この場合は、三段階くらいのものを用意し、金額に見合ったものを返礼するようにすべきです。

品物はどんなものがいいのか

品物は、消えもの、実用品、その他となります。
消えものというのは、手元に残らないもので、例えば海苔、お茶、お菓子などです。
実用品はタオルやせっけん、シーツなどで、その他は商品券、カタログギフトなどになります。
最近は相手が好きなものを選ぶことができるため、カタログギフトを香典返しに選ぶご遺族が多いようです。

カタログギフトなどを送る場合には、挨拶状を添えて送るようにすると丁寧だと思います。
また、生前故人がとてもお世話になった方と葬儀の際、お話などできなかったときなども、香典返しにお手紙を添えておくと丁寧なお返しになるでしょう。

いつ送ればいいのか?香典返しの時期

葬儀に関するお礼については、早めに会葬礼状という形で行います。
しかし香典返しの場合、それほど急ぐことはないので、葬儀が終わり落ち着いた時期にお礼の手紙など添えて送ればいいのです。

よく香典返しを送る時期としては喪明けの四十九日法要の後とされています。
四十九日の法要の際、集まっていただいた方にも品物を渡しますが、この品物を購入するときに一緒に頼むご遺族が多いようです。

香典返しは辞退してくる人もいる

ご遺族のことを考えたり、また職場の方々と一緒に連名で香典を出したので・・ということで、香典返しを辞退される方もいます。
連名で香典を出した場合、一人が出す額が小さいので故人に対する香典返しは不要ですということです。
こういうことも考え、職場の皆さんからお香典を頂くようなときには、皆さんが一緒に食べられるお菓子など詰め合わせを送るようにします。

身内から高額な香典をもらうこともありますが、それは身内ということでその気持ちを素直に受け取るべきです。
香典返しは必要ないと辞退された方でも、お手紙でお礼をすること、感謝の気持ちを伝える事は礼儀となります。