1. >
  2. >
  3. 四十九日法要の流れについて知りたい!
香典

四十九日法要の流れについて知りたい!

四十九日の法要とは故人が仏様のもとに向かう日

四十九日の法要というのは、故人が亡くなってから葬儀が終わり、四十九日に行う法要です。
最近は四十九日近辺に行うことが多いといわれていますが、いずれにしても、故人のための大切な法要となります。

死後49日後、故人は仏様のもとに向かうといわれ、この日に法要を行うのです。
人は七日ごとに閻魔代行の裁きを受けて、49日に極楽浄土に行けるかどうか最後の審判が下るとされています。
遺族は7日ごとに法要を行い故人が極楽に行けるようにと祈り、供養するのです。
判決が下る四十九日は、最も重要な日となるため、大きな法要を行う必要があり、それが四十九日の法要となります。

四十九日の法要の前、準備もしっかり行う

まず四十九日の法要に来てもらう親族などに日時の調整を行い、会場を手配します。
葬儀の後に、来てもらう人のスケジュールなどを聞いていつがいいか話し合っておくと安心です。
最近はセレモニーホールなどで行うご遺族が多くなっていますが、菩提寺があるようなら寺院を利用することもあります。

僧侶の予定も聞いておく必要があるので、葬儀の後、日程を決めてから早めに僧侶へ連絡しておくといいでしょう。
僧侶の予定によって法要の日程をずらすことも必要となります。

法要の後には会食を行うのが一般的ですし、参列していただいたお礼、香典返しとなる引き出物の手配も必要です。
会食をしない場合も、引き出物と一緒に仕出し料理やお酒などを渡すこともあります。

四十九日法要の流れも知っておこう

故人と血縁の近い順番に祭壇の近くから着席し、一般の参列者はその後ろに座り開式となります。
僧侶が着席し、施主が簡単な開式のあいさつをして四十九日の法要の始まりです。
僧侶による読経があり、この間、遺族は順番にお焼香を行います。

僧侶の読経の後には法話を聞き、その後僧侶が退場し、法要の終了です。
その後、会食がありますが、この時にも施主が挨拶をします。
僧侶がともに会食される場合は会食の最後にお布施を渡しお礼を述べますが、会食に参加しない僧侶も多いので、その場合、お布施、お車代、お膳料を渡すのがマナーです。

会食が終了すれば四十九日の法要も終了、通夜、葬儀から初七日、そして四十九日という葬儀後の一連の法要が終わり、この後は一周忌の法要となります。
故人が仏となる日ともいわれるこの四十九日は、とても重要な法要なのです。